家族葬・一般葬・団体葬他各種お葬式・お葬儀の葬儀社(葬儀会社)/東京都多摩地区、国立市・国分寺市・立川市・小金井市・日野市など都内近郊

お問い合わせ・ご相談はお気軽にフリーダイヤル0120-575-79824時間受付・年中無休
お葬儀相談センター株式会社セレケア国立市指定葬儀社  ホーム 会社案内 サイトマップ お問い合わせ
hana
セレケア
ホーム > セレケア
2009.05.13

仏具・お仏間とお仏壇の安置について

知っておきたい仏事のこころえ・・・仏具、お仏間と仏壇の安置場所、安置する方法などまとめました。ご参考に・・・

 

 仏具・お仏間・お仏壇の安置について

 

         仏 具



仏前へのお供えのうちで、「(香炉)・(花立)・(ロウソク立て)」を
三具足五具足などと言い、最低限必要なものとされています。

            
三具足は向かって右側にロウソク立て、中央に香炉、左に花立を配置
します。
五具足は、左右の外側に花立を2つ、その内側左右にロウソク立てを2つ、
そして中央に香炉を1つ配したものです。
さらに仏飯をお供えする仏飯器などもお供えされます。
仏様の世界をより美しく飾る為、仏具にはこの他に、瓔珞や仏天蓋、
宗派によっては金襴品の戸張や打敷などを用いることもあります。
家庭の仏壇の大きさと宗派に合ったものを揃える必要がありますので、
ご相談のうえご購入ください。


  花立て   ローソク立て     香炉    仏飯器    リン





    お仏間とお仏壇の安置


最近は機能性や合理性を追求するあまり「仏間・床の間」のない住宅が
多くなりました。
そこでお仏壇購入に合わせてリフォーム、慌てて仏間をこしらえるといったケースが少なくありません。
しかし、できれば新築時に造っておきたいものです。
「仏間・床の間」は日本文化の基礎となっている仏教文化を継承するためには欠かせないもの。
「仏間・床の間」があれば、豊かな精神を養うのに役立つはずです。
とは言え、それぞれの事情によりお仏間を持てない場合も多いと思います。
特に最近では住宅事情等によりお仏壇を置く場所を確保するのさえ
難しいケースもあります。
そういった場合にはタンスなどの上置くタイプの「上置き用仏壇」が
便利です。
また、お仏間がある場合でも、お仏壇を安置する場所の寸法を正確に
計り、余裕を持ったサイズのお仏壇を購入しましょう。
ご自宅に適したサイズについては、私どもに納得ゆくまで相談してください。
お仏壇を安置する向きについては、南向きが良いとか西向きが良いとか
言われますが、宗教的な意味はありません。
直射日光が当たらず、風通しがよく、気持ちの落ち着ける場所に安置しましょう。




 ●半間仏間におさめた例 

一般的な例です。しかし、同じ半間ども京間、江戸間、団地サイズなど
少しずつ寸法が異なります。
幅・奥行き・高さをあらかじめ計っておきましょう。

        


 ●一間仏間におさめた例 

最近では、このような広い仏間は少なくなりましたが、
じっしりと落ち着いた雰囲気で、いかにも家の中心点という感じがします。

        



 ●床の間のない例 

お仏壇の専用のスペースがない場合は、畳や床などの上に直接安置します。
部屋の雰囲気や色調とあうものをお求めください。

         



 ●家具の上になどおさめた例 

お仏壇を安置したいがスペースが・・・・というケースも最近では
めずらしくありません。
この場合、タンスなどの家具の上に安置します。
小さくても大切なのはおまつりする気持ちです。


        




御香典の表書き≫ ≪戒名について≫ ≪お盆法要についてお彼岸法要
                                       
墓地・墓石の購入について
≫ ≪散骨について
≫ ≪盆提灯について

各宗派の数珠のかけかた≫ ≪仏具・お仏壇の安置≫ ≪寿陵のすすめ          
Write by


セレケア携帯サイトはこちらより
〒186-0002東京都国立市東2-12-6  お葬儀相談センター 株式会社セレケア
年中無休・24時間対応 フリーダイヤル 0120-575-798 / 042-575-7666