家族葬・一般葬・団体葬他各種お葬式・お葬儀の葬儀社(葬儀会社)/東京都多摩地区、国立市・国分寺市・立川市・小金井市・日野市など都内近郊

お問い合わせ・ご相談はお気軽にフリーダイヤル0120-575-79824時間受付・年中無休
お葬儀相談センター株式会社セレケア国立市指定葬儀社  ホーム 会社案内 サイトマップ お問い合わせ
hana
セレケア
ホーム > セレケア
2011.05.23

社葬・個人葬・合同葬・団体葬

  

  社葬・個人葬・合同葬・団体葬

      

葬儀は、宗教や規模、スタイルなどによって様々な分類ができますが、誰が主宰するのかという視点で見た場合、「社葬」「個人葬」「合同葬」「団体葬」に分けることができるでしょう。

「社葬」 は、企業の創業者や重役などが亡くなった時や、社員が殉職した時などに、企業が主催して行う葬儀のことを言います。これに対して、企業ではなく遺族が主催して行う一般的な葬儀が「個人葬」です。また、葬儀は企業以外の様々な団体が主催することがありますが、これらは総称して「団体葬」と言います。
社葬は、企業が主体となって行う葬儀なので、当然規模が大きくなり会葬者も多くなります。そのため、準備日数が必要となることから、死亡直後には個人葬としての密葬を行い、1〜2ヶ月後に本葬として社葬を営むことが一般的です。
社葬は、一般の個人葬と違い、死者を哀悼し慰安するのみならず、故人が企業に遺した業績や、企業の今後の体制が磐石であることなどを知らしめる役割も併せ持っています。また、一般の個人葬の場合は、喪主(祭祀主催者)と施主(布施する主)は同じですが、社葬の場合は、喪主は遺族の代表者、施主は企業となります。
「合同葬」とは、企業が遺族と合同で葬儀を主催し、個人葬と本葬を一緒に行う葬儀のことを言います。また、2つ以上の企業や団体が合同で行う葬儀も合同葬と呼ばれます。合同葬は、通常の社葬に比べて、社葬費用を抑えることができるというメリットがあります。そのため、合同葬の出現により、これまで社葬を行わなかった中小企業が社葬を執り行うというケースが増えてきています

 

 
  

 


葬祭業者の選び方     葬儀社・葬儀場の種類    ●打合せの仕方 
事前相談・生前予約     ●
葬儀事前相談・事前見積りご依頼

Write by


セレケア携帯サイトはこちらより
〒186-0002東京都国立市東2-12-6  お葬儀相談センター 株式会社セレケア
年中無休・24時間対応 フリーダイヤル 0120-575-798 / 042-575-7666