家族葬・一般葬・団体葬他各種お葬式・お葬儀の葬儀社(葬儀会社)/東京都多摩地区、国立市・国分寺市・立川市・小金井市・日野市など都内近郊

お問い合わせ・ご相談はお気軽にフリーダイヤル0120-575-79824時間受付・年中無休
お葬儀相談センター株式会社セレケア国立市指定葬儀社  ホーム 会社案内 サイトマップ お問い合わせ
hana
セレケア
ホーム > セレケア
2011.05.23

自然葬・散骨・樹木葬

「自然葬」とは、遺骨を海や川、山などの自然に返して埋葬することをいいます。
自然葬には、風葬、鳥葬、水葬など様々なかたちがありますが、日本で一般に行われているのは、海や山へ遺灰の一部を撒く「散骨」と、墓標として墓石の代わりに樹木を植えて埋葬する「樹木葬」です。

日本の法律において散骨は、節度をもって行われる限り問題はないとされています。しかし、土地には必ず所有者がおりますので、散骨する土地の所有者の許可を取る必要がありますし、周辺住民からの理解も得ておく必要があります。また、散骨する際は、遺骨を2ミリ以下に粉砕しなければならないと法律で定められているため、個人で散骨を行うことは難しいと思われます。必ず、散骨の扱いのある葬儀社か、散骨専門の業者に依頼するべきです。なお、散骨は一般的に、通常の葬儀を行った後、簡単な儀式と共になされることが多いようです。

樹木葬は、墓石の代わりに樹木などを墓碑として遺骨を埋葬する葬送方法で、葬儀というよりも遺骨を埋葬する墓地の種類のことと考えた方がよいでしょう。
樹木葬は、死後も樹木となって生き続けるといった理由から、最近は希望する人が増えてきており、また、自然環境にも優しいといった利点があるため、里山再生活動の一環として行われるケースも現れてきています。樹木葬は散骨とは違い、墓地として許可された場所でしか行うことができません。その代わり、遺骨を2ミリ以下に粉砕する必要はありません。また、樹木葬は、墓地埋葬法に沿った葬送方法であり、通常の墓地と同様、埋火葬許可証が必要となります。


自然葬は、遺骨が残らない、墓石がないなど、通常の埋葬方法とは大きな違いがあります。従来までの埋葬方法に親しまれている方にとっては、違和感を覚えることもあるでしょう。自然葬を希望するなら、事前に家族や親族の同意を得ておくことが大事です。

 



葬祭業者の選び方     葬儀社・葬儀場の種類    ●打合せの仕方 
事前相談・生前予約     ●
葬儀事前相談・事前見積りご依頼  

Write by


セレケア携帯サイトはこちらより
〒186-0002東京都国立市東2-12-6  お葬儀相談センター 株式会社セレケア
年中無休・24時間対応 フリーダイヤル 0120-575-798 / 042-575-7666